Lass uns an die Tür klopfen?

とある教会音楽家の徒然日記

Lass uns an die Tür klopfen!

その扉をたたいてみよう!
ライプツィヒに住む教会音楽家の日々を綴っています
扉をたたく?
教会音楽ってなぁに?
ライプツィヒ、どんな街?

ドイツ鉄道物語 5 ~郷に入っては郷に従え~

夜中1時に放り出されたライプツィガー(本来はライプツィヒに住んでる市民のことですが、旅行者みんなの連帯感があったのでこう呼びます)、一斉に始まる二つの質問。
・あなたはどこに住んでいるか?
・次の電車はいつくるか?

どこに住んでいるか、というのは、タクシー相乗りで行こうと声を掛け合っているのですが、一口にライプツィヒと言えど300平方キロメートルくらいある街なので、方面は様々。なかなかまとまらない。
そうこうしているうちにロータリーにいたなけなしのタクシーは全部出払い、とうとう電車一択に。

次の電車はいつ来るか?
ライプツィヒ行きは3時30分まで来ない…。
あと2時間。
コンビニはないし、待合室もない、近くに飲み屋もない。
手元にはお酒以前に飲み物ももうない状況であと2時間…。
おなかも空いたし、凍死だけはしたくないな~と思いはするものの、もうお手上げ状態で思考が鈍る。
周りの人がたまたま一緒に下車した車掌さんに詰め寄るも、情報はなく。
15分くらい経ったころ、やっとアナウンス。
50分後に来るフランクフルト行のICがライプツィヒ経由なので、それに乗ってください。

経由が書いてなかったからわからなかったけど、その手があったか。
しかしあと50分、座ったら寝る。黙ってるのもキツイ。携帯で音楽を聴いてたらアナウンス逃しそうで怖いし…。
こういう時に役に立つのが時差!
ドイツが夜中の1時なら、日本は朝を迎えている。
普段は時差が邪魔でほとんど電話をしないけれど、こういう時は逆にありがたい。
LINEで反応があった母に電話。
朝起きて一番に、ドイツの交通にやられてる娘のLINE実況を読む母も大変だと思うが、月曜の朝にいきなり長電話されるのはもっと大変だろう。
はっきり言って迷惑だ。
しかし、そうは言ってられない(笑)
人と話してると時間は早く過ぎるし、やっぱり母国語の、そして家族との会話の安心感は格別。
50分はさっさと過ぎ、無事に電車に乗り込み、それでも話続ける。
あったかいところで気を抜いたらフランクフルトまでグースカ行ってしまいますから(笑)
2時15分、とうとうライプツィヒ中央駅到着。
終電終バスはとっくに終わっているので、旧市街を15分ひたすら歩いて帰宅。石畳も凍るマイナス10度、滑って時間がかかる…。
とりあえず、無事に帰れたことに感謝。

今回の件でびっくりしたのは、自分の心の変化。
驚きはすれど、怒りは湧かなかったのです。
不安というよりも、さてどうしようか、という考えの方が強かった。
ドイツに暮らして8年。
これが、郷に入っては郷に従えということなのか、5年間の一人暮らしでいろいろなことを乗り越えてきた結果なのか。
とりあえず、自分はいろんな意味で成長してるのだな、としみじみ思ったのでした。

あ、ドイツで電車の旅をしてみたい方に、一つ大事なことを。
今回の騒動で、私が聞いた変更情報のアナウンス。
駅員もテンパってるせいか、ほとんどドイツ語のみでした。
英語はあっても周りの騒音にかき消されている。
もし何かあったときは、すぐに周りのドイツ人に英語で訊ねることをお勧めします。
え~、どうしよう?を言っている暇は、ありません。
郷に入っては郷に従え、です。

長い鉄道物語もこれでおしまい。お付き合い、ありがとうございました。

folg mir