Lass uns an die Tür klopfen?

とある教会音楽家の徒然日記

Lass uns an die Tür klopfen!

その扉をたたいてみよう!
ライプツィヒに住む教会音楽家の日々を綴っています
扉をたたく?
教会音楽ってなぁに?

ドイツ鉄道物語 4 ~おうちに帰るまでが遠足です~

北へとひた走る列車は比較的ゆったりとしていて、座席を二つ使ってくつろげたけれど、途中で乗り換えることを考えると寝るわけにもいかず。
案の定、遅れを取り戻すべくぶっ飛ばす列車。
だからといって何かをする気力も湧かず、ぼ~っとしてるうちに車掌さんが持ってきたのは遅延証明。
ドイツ鉄道では、長距離列車は120分以上遅延すると、遅延証明を提出すれば半額返ってきます。
もちろん自己申告制。え、迷惑かけたのはそっちじゃん?的な考え方は通用しません。
自分の権利や利益は自分で主張し確保しましょう(笑)

ニュルンベルクからICEで北上するには、エアフルト&ハレ経由とライプツィヒ経由の2パターンがあります。
私が予約したのはもちろん乗換いらずのライプツィヒ経由。

f:id:Mt77K626:20180316005007j:image
ライプツィヒ中央駅は東ドイツ最大の鉄道ターミナルなので、主要な路線がだいたい通ります。
しかし、ライプツィヒとハレは近郊列車で40分。二つの街の間にはライプツィヒ・ハレ空港があるくらいの隣町なので、さすがに両方に停車はせず、西よりのエアフルト経由でハレに行き、さらに北上してベルリンへ、となっています。

ライプツィヒへ行く方はハレで近郊電車に乗り換えてください。

何度も車内放送されたものの、すでに夜中0時は過ぎているのでハレ発ライプツィヒ行きは最終か…。まあ、日中でも20分に一本くらいしかないしね。
余裕をもって支度をし、ハレで降り、同じくライプツィヒに向かう人たち60人くらいと次のホームへ行進。
もうすぐ階段…と思ったその瞬間、前にいる人たちが止まった。

今電車が目の前を出発したんだけど…?

冗談でしょ?
みんなで電光掲示板や鉄道アプリを見て愕然。
私たちが乗っていた電車との接続は関係なく、定刻で出発なさった…。
夜中1時。またもや寒空に放り出される。

 

folg mir