Lass uns an die Tür klopfen?

kleine Tagesbuch aus Leipzig.

Lass uns an die Tür klopfen!

その扉をたたいてみよう!
ライプツィヒでの教会音楽留学の日々を綴っています
扉をたたく?
教会音楽ってなぁに?
ライプツィヒ、どんな街?

焼石になんとやら

クリスマスを控え、せわしない今週。
今年は3か所で奏楽をさせていただきます。
そのうちの一つはカトリック教会。
24日の22時から行われるミサで、合唱指揮とオルガン奏楽です。
合唱団は12人というコンパクトな、でもみんなとても仲のよいメンバー。
最近は活動をお休みしているけれど、このミサのために復活させたい、ということで指揮を引き受けました。
毎年歌うクリスマスソングはみんなの十八番。
1回目からいい感じに練習が進みました。


f:id:Mt77K626:20161224034916j:image

教会の外観。

 昨日からオルガンを練習させていただいているのですが、この教会は礼拝以外は使われておらず、それはオルガンも然り。
調律もしていないようで、かなりのレギスターが使用不可…。
なかなかハードな楽器でございます。

そして、ハードといえば、こちら。

f:id:Mt77K626:20161224034940j:image

オルガンのある堂内の2階席の温度は4度…。
昨日初めて練習しに行ったとき、息が白かったことにびっくりし、
思わず自宅の温度計持ってきちゃいました。

いちおうこんな風に暖房器具を並べてはいるのですが、
焼石になんとやらです。 

f:id:Mt77K626:20161224034955j:image

f:id:Mt77K626:20161224035210j:image

こんな格好で練習するしかありません。
ただの不審者です。

礼拝の時は暖房が入るので問題ないと思うのですが、
寒すぎて動かない手を強制的に動かすので、筋肉への負担が半端ない。
オルガンは足を動かすとはいえ、基本座ってるだけですから、
スキー場のベンチに長時間座ってるのとおんなじ。
寒さによる体力消耗はかなりのものらしく、昨夜は早々にバタンキューしてしまいました。
明日はここの前にこれまた田舎の古い(=寒い)教会での奏楽があるので、
しっかり体力温存して、栄養蓄えていきたいと思います。

f:id:Mt77K626:20161224034922j:image

folg mir