Lass uns an die Tür klopfen?

とある教会音楽家の徒然日記

Lass uns an die Tür klopfen!

その扉をたたいてみよう!
ライプツィヒに住む教会音楽家の日々を綴っています
扉をたたく?
教会音楽ってなぁに?
ライプツィヒ、どんな街?

教会の塔を攻略せよ! その1

今日からは、以前から書こうと思っていた教会の塔のお話を。

ヨーロッパの街を歩いていると目印になるのが教会の塔。
大きな時計がついているものもあれば、見えなくても時を告げる鐘の音が聞こえてきたり。
f:id:Mt77K626:20180602163141j:image
こちらはタウハの塔。
このクリーム色の壁が季節により時間により、さまざまな表情を見せてくれます。

さて、この塔の中はどうなっているのか?
時計と鐘がある…くらいは想像されるかと思いますが、詳しい構造について知っている人は多くありません。
なぜなら関係者以外立入禁止⛔だから。
その実態はまるで忍者屋敷?ドラクエ?いやヨシヒコ?
そんな塔、縁あって私は昨年12月以来毎週登っているので皆さまにもご紹介。
登りながらの片手スマホ撮影なので写真のクオリティは…ごめんなさい。
画の暗さは、あえて肉眼と同じにしています。

f:id:Mt77K626:20180602153924j:image

まずは入口。すでに真っ暗。
ここは教会の三階、壁を挟んでオルガンの裏、照明はなく、手すりも片方なし。
左側の手すりは古くて細かいトゲが出ているので使いません…。
ここに立つと、コチ、コチ、と時を刻む音が聞こえてきます。
でかい閂を引いて上の階へ。
f:id:Mt77K626:20180602153930j:image

一番最初に出る踊り場にはこんなタペストリーが!
初めて見たときは正直度肝を抜かれました。
うちの教会でこんなに色鮮やかな装飾はありませんから。
いつ誰が作ってここにかけたものかは全く不明。
大きな窓にカーテンのようにかけてあるので、光が通って見事な鮮やかさ!
この階は教会堂の天井裏。塔の隙間風が入るので、冬は外気温並みかそれ以下に冷え込み、吐く息はすでに真っ白。

f:id:Mt77K626:20180602163241j:imageここからははしご階段を文字通りよじ登ります。
埃だらけ、鳥のフンだらけ(笑)
時を刻む音はさらに大きくなってきます。

 

folg mir