Lass uns an die Tür klopfen?

kleine Tagesbuch aus Leipzig.

Lass uns an die Tür klopfen!

その扉をたたいてみよう!
ライプツィヒでの教会音楽留学の日々を綴っています
扉をたたく?
教会音楽ってなぁに?
ライプツィヒ、どんな街?

ICAK 2015 その2 

10日間の合唱アカデミー、10日間も何をするの?

とにかく歌うんです。朝8時から夜9時まで(笑)
途中休憩がもちろんありますが、発声練習、全体練習、合唱指揮、合唱で歌うための聴音、4つのグループに分かれた合唱の練習と、プログラムが豊富です。

170人の参加者すべてが集う全体練習では、9日目の夜にある演奏会と、最終日の朝のミサで歌う曲を練習します。
今回のメインはブラームスのドイツレクイエム。
何度か歌ったことはありますが、ドイツとオーストリアでは同じドイツ語でも言葉の処理が違うため、普段とは違った集中力を要求されます。

全体練習の時間の前半をパート、またはソプラノ&テノールとアルト&バスといったようにグループに分けて練習。
かなり細かくやってはいましたが、ドイツレクイエムあるある、オケ合わせになると音がどんどん下がる…。
エルヴィンが必死に持ち上げて、本番はなんとか許容範囲に…。
お風呂場のような残響、狭い、指揮者から遠いなど、いろんな要素がよくも悪くも力を発揮してくれるのが、大きな教会での演奏会の特徴です。

f:id:Mt77K626:20150727001315j:plain

本番会場はクレムスの街の中心にある教会。
典型的なバロック建築のカトリック教会の祭壇が舞台です。
豪華絢爛、キラッキラ!!なのはいいのですが、たいていどの教会も祭壇や合唱隊席は作り付けのため、それをよけながら、隙間を縫うように合唱とオーケストラを配置するため、本当に狭い!!
手すりにぶつかりながら歌ったため、後日見てみたら私の腰にはアザができておりました。
今回は山台を運んできてまだよかったのですが、場合によっては前の人と同じ高さに並ばなければならないため、小さい人は前が見えません…。
しかしここはヨーロッパ。自分の居場所は自分で確保!が基本。
いろんな合唱団で歌っていると、いろんな意味で度胸がつきます(笑)
私は祭壇のすぐ近く、壁に沿って作られた合唱隊席の一番客席側二列目に陣取りました。
指揮者を真横から見ることになるのですが、一番ここが指揮者から近いソプラノ席。そしてオケ全体が一番まとまって聞こえる席なので、エルヴィンの眼光が非常に怖くはありますが、いろんなことを吸収できることは間違いのない席です。
私の位置から見た合唱とオケの様子がこちら。

f:id:Mt77K626:20150727010726j:plain

合唱もですが、オケプレーヤーにとってはこの狭さは地獄と思われます…。
思うように動けない上に聞こえてくる音はもわんもわんの残響、または合唱の一部分…。
いろんな意味で各々の持ち場で鍛えられるのがこのアカデミーの本番の特徴です。

本番はいろんなことが起こりました。
エルヴィンの音楽は本当に自然で柔らかく、暖かなのですが、恐ろしいほどに心地よく絶妙に自然に流れていくため、本当に集中してついていかないと振り落とされます。
いつもの練習通りなんて、あり得ない。気持ちいいなんて、酔いしれたらアウト。
その時にしかできないものを最高のタイミングで紡いでゆく。
この危ういほどのナマモノ感こそが音楽の本質なのかもしれない。
ソロでもないのにここまで肝を冷やすなんて初めてのことで、翌日まで疲れを引きずりはしましたが、本当に大事なものを掴んだ本番だったことは間違いなし。
あとは、この経験をどう活かすか…。これからの課題です。

folg mir