Lass uns an die Tür klopfen?

とある教会音楽家の徒然日記

Lass uns an die Tür klopfen!

その扉をたたいてみよう!
ライプツィヒに住む教会音楽家の日々を綴っています
扉をたたく?
教会音楽ってなぁに?
ライプツィヒ、どんな街?

視野は広く

今日3月21日はJ.Sバッハのお誕生日。
今年で330周年だそうです。
きっとトーマス教会のお墓やバッハ像にはお花がいっぱい飾られているでしょう。
写真見たい方もいらっしゃると思いますが、ごめんなさい、ありません。
今日はトーマス教会に行けませんでした…。
というのも、私、この週末にライプツィヒ市内でお引越しするのです。
今までは学生寮での一人暮らしでしたが、新居はアパートで一人暮らし。
学校からもトーマス教会からも近くて非常に便利な場所。
引越せば活動範囲がガラリと変わると思ってはいましたが、昨日、ある場所に行って猛烈に反省しました。
ある場所とは、市庁舎前の市場。
非常に活気があって素敵な光景でした。
f:id:Mt77K626:20150322033807j:plain
実はライプツィヒに一年半住んでて、一度も行ったことがなかったのです。
毎日学校と家の往復、分刻みでレッスンと授業があるため学校からほとんど出ず、自転車で移動中も歩行者天国になっている市庁舎周辺には近寄らなかったんです。
もったいないことをしてました…。
オペラや演奏会に行かないよりもったいない…。
勉強はもちろん大事、でももっといろんなことに目を向けなければ!
視野は広く、どんな時もその瞬間を味わうことを忘れないようにしようと思いました。

folg mir