Lass uns an die Tür klopfen?

kleine Tagesbuch aus Leipzig.

Lass uns an die Tür klopfen!

その扉をたたいてみよう!
ライプツィヒでの教会音楽留学の日々を綴っています
扉をたたく?
教会音楽ってなぁに?
ライプツィヒ、どんな街?

大洪水!

ライプツィヒは連日どんより。一週間以上晴れを見ていません。

気温ひとケタ、小雨がぱらつき気分も欝々…。
そんな気鬱を吹き飛ばすためなのか?昨晩我が家で大事件発生!

水道管破裂!そして大洪水!!

変な音がするな、とバスルームをのぞくと

配管ボックスが開いていて、中を見たら滝があった…。

ボックスの反対側から見ようとキッチンに行ったら、床にどんどんお湯があふれてくる!

とりあえず何も考えずに隣人に助けを求めていました…。

元栓で解決するだろうと思っていた彼女も現場を見て唖然。

とりあえず、大家、業者に連絡しつつ、同じ棟の男手を探し、証拠写真まで撮ってくれたりと、本当に親切にしてくださいました。

原因は給湯管本体の老朽化。裂けて落っこちたため、穴を塞ぐ以前の問題で、全館への給湯の元栓を締め、30分経ってやっと止まりました。

その間私は、布という布を総動員してなんとか寝室の浸水を食い止めようと、防水堤を作り、水をくみ上げ四苦八苦。

最後には消防隊が来てくれて、バキュームでお掃除、寝室入口5センチで止まりました…。

f:id:Mt77K626:20151021175901j:image

ドイツの消防士はがたいがデカい。狭い我が家に6人も来て、しかし1人が作業してあとは皆見てるだけ。

しかも機材に手間取って作業遅い!!私が汲みあげた方が断然早い(笑)
全部バキュームしてくれたけど、来るまでの30分、自力で5リットルは汲んでました。おかげですごい筋肉痛…。
まあでも、お世話になりましたm(__)m

f:id:Mt77K626:20151021175927j:plain

昨日頑張ってくれたバリケードさんたち。
これから大洗濯です…涙

folg mir