Lass uns an die Tür klopfen?

とある教会音楽家の徒然日記

Lass uns an die Tür klopfen!

その扉をたたいてみよう!
ライプツィヒに住む教会音楽家の日々を綴っています
扉をたたく?
教会音楽ってなぁに?

就任式

www.lvz.de

8月18日、ヴルツェンの聖マリエン大聖堂で就任礼拝がありました。
ライプツィガーラント地域の教会音楽監督、大聖堂の管理者である7人のDomherr、大聖堂聖歌隊と声楽アンサンブル、金管バンド、そしてたくさんの会衆に見守られての宣誓と祝福。
言葉にならない感動とはこのことか、と思いました。
礼拝のあとは大聖堂の中で歓迎会。
老若男女たくさんの方々に祝福していただきました。

新聞の見出しには、大聖堂カントール就任、とありますが、正しくは教区カントールです。

大聖堂カントールの称号は、あと20年くらい働いたら、もしかしたらいただける、かな?という名誉あるもの。

地元の人も勘違いする複雑な事情はまたいつか書こうと思います。

f:id:Mt77K626:20191009082453j:image

プレゼントもいっぱいいただきました!
お菓子は全部ヴルツェンの工場で作られたもの。
f:id:Mt77K626:20191009082538j:image
こちらはZuckertüte(ツッカーテューテ)。新小学1年生がもらうもので、中には文房具やお菓子が詰められるのですが、
私の場合はヴルツェン産のお菓子とレトルト食品でした(笑)
これで力つけてね、ということでしょう。2ヶ月経った今、な〜んにも残っておりません。美味しくいただきました。

ちなみにZuckertüteは手作りされることが多く、私のも楽譜でできていました。しかもルターのEin feste Burg、なんて粋なはからい!
文字通りピカピカの一年生。初心を忘れず邁進したいと思います。

f:id:Mt77K626:20191009083118j:image

folg mir