Lass uns an die Tür klopfen?

とある教会音楽家の徒然日記

Lass uns an die Tür klopfen!

その扉をたたいてみよう!
ライプツィヒに住む教会音楽家の日々を綴っています
扉をたたく?
教会音楽ってなぁに?

引きこもり

こんにちは。新米ニートです。無職です。
何もしない日を満喫できるのも今だけ…と思い、仕事関係のエンジンを切ったものの何をして良いかわからない(笑)
とりあえずゆっくりしてみるって、どんなこと?休みって何?
そんな自問自答から始まり、数週間。
目標に向かって突っ走るのは得意だけど、荷下ろし症候群が激しい人間はエンジン切らない方が良いんだな、と新たな自分を発見しました。
それと共に、引きこもるという現象についてもすごく考えさせられています。
考えてるだけで、答えは出ていませんが…。
お時間のある方だけどうぞ↓

衣食住がある程度しっかりしている環境なら、ネットさえあればず〜っと引きこもっていられる。
好きな音楽聴き続けて、好きなゲームしまくって、動画見まくって。
好きなものを選択するという行為は自分発信だけれど、受け取るリアクションはほぼ自分の好みのものであり、自分が望んでいること。
学校でも仕事でも、外で活動していれば何かとぶち当たるのが、嫌なこと。
傷つくこと言われたり、嫌なことされたり、思いがけない低評価を受けたり。
自分なりに頑張ったことに結果がついてこなければ誰でも凹むし、やる気を無くしたりもしてしまう。
でもここで殻に閉じこもってしまったら、さらに出るのが億劫になる。
そんな弱気でどうする?根性出して外に出なきゃダメだ!っていう根性論で片付けば何も問題はないわけだけれど、片付かないのはなぜか?
根性がないから?我慢ができなくなったから?
今の若い者は…的な考え方で括ってしまうのも違う気がする。
じゃあ環境?モノが溢れすぎてるから?
物理的にもですが、情報という意味でも溢れてますよね。
一つ一つ精査してる暇なく、間髪与えず新しいことが与えられる。
一定の情報を整理して復習して…っていうことを繰り返し訓練してきた学生時代とは、情報量が桁違いに多い。
情報処理の仕方を根本から変えないと太刀打ちできないけど、そんな訓練時間はあるわけもなく、気づけば押し流されてる…。
押し流されたら溺れてしまうので、溺れないように自分を守ることに必死になる。
自分を守ることに必死になったら…周りって見えなくなるなぁ。
自分に集中してる時、周囲の人のことを考える余裕ってなくなってしまう。
余裕のない時、自分はどんな言葉を発してるだろう?
それを聞いた相手は…大丈夫かな?
「格別おしゃべりじゃないけど、口を開いたときの一発の重みが凄い」と言われることが多い私。
う〜ん、心配になってきた…。
だからと言って殻に閉じこもっては…本末転倒。

ああ、ぐるぐる思考。

おあとがよろし…くない…。

あ、でも一つ目標を発見。
誰かに対してリアクションをするなら、どんなものでもポジティブに言い換える力をつけたい。
嫌なことも傷つくことも低評価も、ストレートに言われたら自分が嫌だから。


お付き合いいただきありがとうございましたm(_ _)m

folg mir