Lass uns an die Tür klopfen?

とある教会音楽家の徒然日記

Lass uns an die Tür klopfen!

その扉をたたいてみよう!
ライプツィヒに住む教会音楽家の日々を綴っています
扉をたたく?
教会音楽ってなぁに?

春一番!

北での6週間の修行?苦行?耐久レース?を終え、無事にライプツィヒに帰り着き、ドタバタしているうちにもう三月!
今日のライプツィヒは晴れのち大嵐でございました。
今年は2月がびっくりするほど暖かく天気もよく、日本と同じくらいのタイミングでさっさと春が来ちゃうのでは?と思わされるのですが、夜はやはりガッツリ冷え込む。
昼間に出かけた後、夕方から出直す場合は絶対に冬コートにしない危ないくらいの寒暖差です。
ライプツィヒに帰ってきてからというもの、あれよあれよといろんなことが起きておりまして、一旦腰を落ち着けて少しずつ書きたいなと思っています。
ここ数日の最大の衝撃は、ドイツに来てからは落ち着いていた花粉症の再発でしょうか…。
ドイツ語ではホイシュヌプフェン。
ドイツ語にしてはガツガツしてない、ほわっと系の発音が印象的。
そういえば去年とあるミュージシャンのツイッターで、英語ではヘイフィーバーと言うらしいと書いてあって、あんな苦しいのに随分ファンキーだな、と思ったっけ。
さて花粉症。
日本にいた頃は、スギとヒノキにやられまくり、特にヒノキは粘膜の腫れ上がりがひどいものだったのですが、ドイツに来てからはちょっと掠る程度の症状だったんです。
しかし、2月がこうも暖かいと皆さん早めに目覚めてしまったようで、目はウサギのごとく真っ赤。くしゃみ鼻水がさっぱり止まらない。
昔もらっておいた薬を飲んでも、切れた瞬間がはっきりわかるくらい症状がすぐ出る(笑)
家の中にいてもすきま風で花粉が入ってくるのか、マスクしてないと無理。
くしゃみの衝撃、そしてアレルギー反応のせいで昼過ぎにはぐったり。強い眠気に襲われる有様。
ああ、東京行ったらどうなっちゃうのだろう。

ちなみに花粉レーダーによると、今ブンブン飛んでいるのはハンノキの花粉。
ドイツでは、よっぽどの病原菌を持っていない限りマスクはしないので、街中でマスクしたら人が寄ってこないだろうし、どうしたものか…。
と言いつつも、やっぱり春が待ち遠しい!
大嵐で花粉も綺麗さっぱり掃除されちゃえばいいのに。
ま、そうはいかないですけどね(笑)

folg mir