Lass uns an die Tür klopfen?

とある教会音楽家の徒然日記

Lass uns an die Tür klopfen!

その扉をたたいてみよう!
ライプツィヒに住む教会音楽家の日々を綴っています
扉をたたく?
教会音楽ってなぁに?
ライプツィヒ、どんな街?

友達100人?

8月に入ってからはドタバタ、長野県飯山市で開催されたなちゅら音楽祭に参加し、その後すぐにライプツィヒへ戻ってきました。
本当に今年の夏は異常気象。
これまでの夏は日差しが強くても湿度が低くさわやかな空気、汗をかいてもすぐに乾燥してしまうため肌はサラサラで、発汗していないと錯覚して水分補給を忘れるほど。
しかし今年の夏は、まさかの汗が流れる…。
でも日本みたいにダラダラではないので、そんなに発汗してない?と錯覚してしまってこれはこれで危険。
我が家は地上階で涼しい方なのですが、風が歪んで淀んでいるかのように停滞して、息苦しいし、何にも着たくないくらい鬱陶しい。
エアコンないって大変です…。
幸い、今日は涼しく爽やかになってくれたので、これで落ち着いて欲しいなとひたすら願ってます。

さて、この1ヶ月と少しの日本滞在で、4つの合唱団と1つのオーケストラでご一緒させていただきました。
演奏会の本番では2つ目のオケともご一緒したので、人数を考えると…600人越す?
流石に全ての人とお知り合いにはなれませんが、それでも友達100人できるかな?級ですね(笑)
それぞれいろんな立場だけれど、音楽が大好き、という気持ちは共通している。
なんとも不思議です。
またいつか再会した時にさらに濃密な音楽ができるように、これからまた精進して行きたいと思います。

folg mir