Lass uns an die Tür klopfen?

とある教会音楽家の徒然日記

Lass uns an die Tür klopfen!

その扉をたたいてみよう!
ライプツィヒに住む教会音楽家の日々を綴っています
扉をたたく?
教会音楽ってなぁに?
ライプツィヒ、どんな街?

どこでもドア?

毎日生きることが重労働のような暑さ。
寝ている間の扇風機やエアコンの付けっ放しは危険だ、と昔は言われていましたが、今はその逆?が呼びかけられてますよね。
命を守る行動を!というのは自然災害への警戒で聞いてましたが、何ともはや。

さて、地球の反対側というと気象の関連性が無さそうに思うのですが、実はびっくりするほど連動していて、ドイツが寒いと日本も寒く、日本が暑いとドイツも暑いのです。
どこでもドアで繋げたの?とツッコミたくなるほど。

そしてこの夏も例外なく繋がってます。
ドイツも今年は異常な暑さだそうで、ライプツィヒで連日の30度超え、何週間も雨らしい雨がないらしく、ドレスデンを流れるエルベ川の水位が50センチを切ったとか…。

www.wetter.com

エルベ川はチェコのプラハを流れる、いわゆるモルダウ。
ドイツに行くと名前が変わります。
北ドイツのハンブルクを抜けて北海にたどり着く、ヨーロッパでも大きな河川の一つ。
昔から輸送手段としても利用されている深い川なのに、まさかの遊覧船も動けない事態。
映像の奥に見える教会はゼンパーオーパー近くにある宮廷教会、つまりここは観光名所のテラス、なんだけど全然わからないくらいに干上がってる…。
数年前は大雨による氾濫が懸念されるほど増水したというのに。

映像の最後、船が動いているのはドイツの西側にあるライン川。
ローレライや古城が有名な観光名所。
こちらもだいぶ干上がってますね。
ライン下り、見た感じもうギリギリの運航…。

日本の夏は暑さと湿気ですが、ドイツの夏は暑さと乾燥。
どっちがいいかと言われると難しいですが、ドイツの場合、一般家庭にエアコンは無いので、日当たりのいいお家は地獄。
エアコン設置すればいいじゃない?と思いますが、古い建物の壁は凄まじく脆く、地震があったらひとたまりもないくらいのもの。
エアコンの重さには耐えられないかと…。
ただ、日陰に入ると少しは涼を取れるので、木陰で涼む人をよく見かけます。
街中で逃げ込むなら教会の地上階はオススメです。

いずれにせよ、この暑さは異常。1日1日生命を維持するのが大仕事。
とにかく食べて飲んで、体力回復!太るとかなんとか言ってられません。
夏のスタミナ食と庭で取れる旬の野菜で乗り切りたいと思います。

 

folg mir