Lass uns an die Tür klopfen?

とある教会音楽家の徒然日記

Lass uns an die Tür klopfen!

その扉をたたいてみよう!
ライプツィヒに住む教会音楽家の日々を綴っています
扉をたたく?
教会音楽ってなぁに?
ライプツィヒ、どんな街?

4カ国目

今月は旅をしつつ仕事しつつの繰り返しで、今週はまさかの4つ目の外国へ。
旅とは言っても音楽は一切しない、完全プライベートなものばかり。
飛行機と陸路を駆使して外国へサクサク移動できるのって、ヨーロッパならでは。
言語が全部違うのがただただ残念。
やっぱりその国の言葉ができた方が街で便利だし、美術館でも説明楽しめるし…。
この時ばかりはバベルの塔作った奴らをひたすら恨んでみたり(笑)

人生2度目のパリはひたすらにメジャー所を見学!
5月のパリは気候もよく花ざかり。

f:id:Mt77K626:20180527005925j:image

当然観光客も多いけれど、よく歩きよく食べ、たくさんの芸術作品を堪能!

f:id:Mt77K626:20180527011110j:image

人間の創造力、富と権力について考えさせられたり。

f:id:Mt77K626:20180527011045j:image

短期間でまわると、ハンガリー、チェコ、フランス、ドイツそれぞれの歴史、それぞれの美意識がとても印象に残りました。
そして、自分の世界史知識がだーいぶ曖昧になり始めてることも実感(笑)
言っても高校世界史レベルですが…。
やはり繰り返し記憶の整理が必要ですね。

凄く贅沢な時間を過ごしたこの1ヶ月。
この経験も、自分の血と肉になりますように。

f:id:Mt77K626:20180527011124j:image

ロダン美術館での一枚。
おじいさんの後ろはすべて日本の風景と文化。
ジャポニズムが本当に芸術家に衝撃と影響を与えたんだなぁと、なんだか嬉しくなりました。

 

 

 

folg mir