Lass uns an die Tür klopfen?

とある教会音楽家の徒然日記

Lass uns an die Tür klopfen!

その扉をたたいてみよう!
ライプツィヒに住む教会音楽家の日々を綴っています
扉をたたく?
教会音楽ってなぁに?
ライプツィヒ、どんな街?

ドイツ鉄道物語 1 ~すべては火花から始まった~

連日最高気温がマイナス続きのライプツィヒ。
びっくりするくらいいいお天気ですが、外に出る気にはさらさらなれず…。

 

さて、前回の記事の最初の段落はお読みいただいたでしょうか?
そう、電車が遅れている話。
実はあの後、5時間に渡る冒険談がありました(笑)

ドイツ南東の国境の街パッサウを出たのは午後五時半。
ライプツィヒまでスムーズに帰れるICE(ドイツ版新幹線のような特急列車)の最終便で、2時間ほど進んだニュルンベルクで乗り換え。
この時点で乗換列車が40分遅れだったわけです。
予定通りの待ち時間が30分あったので、ご飯とビールでのんびり待ち、70分後に電車に乗るためにふたたびホームへ。
予定時間になっても、電車来ない…。
聞けば一本前のベルリン行きも遅れているから、まずそれが通過して、その次とアナウンスが。
ドイツの鉄道運行がカオスなのはドイツの常識(笑)なので、私も、あー、またかいな、と思いホームの待合室(暖房なし)で風をしのぐ、この時点で気温はマイナス7度。
前の電車が通過し、次はうちらだ!と思い待つこと15分。
もう来ます!というアナウンスがあって外に出る。が、5分経っても来ない。これもよくある話。
まもなく、という言葉は1分から20分くらいを指すんだな、とドイツでの8年で学びました(笑)

やっと来た!
ホームにいるお客さんたちがホッとした次の瞬間、

バシューーーーーン!バチバチ!

ICEの入線と同時に、電線からロケット花火のような火花。
そして反対側の番線の電線からも火花バチバチバチ!

え~と、どう理解していいのかな?

そうこうするうちにICEの扉が開き、寒さに震える乗客はとにかく乗車。
席を確保し、やれやれと思った矢先、アナウンスが…。

電線異常のため、この列車は運休します。
隣の番線に来る、次のベルリン行きに乗ってください。

まあ、そうよね。あれで走れたら怖いわ…。

脱いだダウンなどの完全装備を着なおし、荷物を持って急いで隣の列車へ。
とはいえ、同じベルリン行きでも経由地が違うため、次の列車はライプツィヒには止まらない。
当然疑問を抱くライプツィヒっ子は駅員や車掌に詰め寄るも、とにかくこれに乗れ!の一点張り。

まあニュルンベルクに足止めより、とにかく北上すればなんとかなるし…と思い、乗り込む。
しかしだ、こっちの番線も花火してたよね…?大丈夫なの?

とりあえず緊急事態に備えて、寒さのせいで冬眠しがちなiPhoneを充電しようと車内のコンセントに差し込んだ瞬間、答えは出た…。

この車両、電気通ってない…。

続く

folg mir