Lass uns an die Tür klopfen?

とある教会音楽家の徒然日記

Lass uns an die Tür klopfen!

その扉をたたいてみよう!
ライプツィヒに住む教会音楽家の日々を綴っています
扉をたたく?
教会音楽ってなぁに?

すっかり時が経ってしまいましたが

今年8月に行われたヨーロッパ・キリスト者の集いの聖トーマス教会での讃美集会での映像がYoutubeにあるのでご紹介。
この集会には、ハンブルク時代にお世話になった牧師・井野先生のご紹介で参加させていただきました。
ヨーロッパに散らばる日本人クリスチャンが一堂に会し、日本語で礼拝を持つというこのイベント。
今回はヨーロッパだけではなく、本当に世界中からライプツィヒに大集合しました。
この聖歌隊ももちろん今回限りのメンバー。
事前に各々練習しておき、全員がそろっての練習は前日の1時間ちょっとの練習のみ。
しかし非常に高い集中力で本番を迎えることができました。
私にとって新鮮だったのは、シュッツもワルターも全て日本語の歌詞だったということ。
ドイツ語独特のリズムが使えない日本語はなかなか難しく、譜読み中は何をやってるのやら自分でさっぱりわからなくなり(笑)、言語発音の持つ独特のリズムの大切さを痛感しました。
私は普段ドイツ語の讃美歌を歌っていますから、日本語に訳された讃美歌も非常に新鮮で興味深かったです。
一緒に歌った方々は本当に熱心に歌ってくださいました。
日本人ばかり、しかも全員信者さんというのも滅多にないこと。
得難い体験をさせていただきました。

www.youtube.com

folg mir