Lass uns an die Tür klopfen?

とある教会音楽家の徒然日記

Lass uns an die Tür klopfen!

その扉をたたいてみよう!
ライプツィヒに住む教会音楽家の日々を綴っています
扉をたたく?
教会音楽ってなぁに?

自然の中で

先週末はニコライ教会の聖歌隊、バッハ合唱団の強化合宿でした。

f:id:Mt77K626:20171109054202j:image

先月末にメンデルスゾーンの讃歌をやった合唱団が4週間後にはブラームスのドイツレクイエムをやる。

大きな教会の聖歌隊ならではのスケジュール。うらやましい。

この合唱団には在学中2年間通っていたのですが、学校の予定が合わなくなり離れていたんです。

夏にたまたま団員のおじさまに街中で会い、きっちり歌える戦力が必要だから帰って来いと言われ、仕事との兼ね合いが不安でしたがとりあえず復帰。

復帰してよかったです。

何にも縛られず、楽しく歌ってられるって幸せ。

もちろんカントールの仕事はおもしろいですが、芸術の追求とはかけ離れた現実にグッタリしてたので、なおさら沁みました。

ミュージカルが終わってたどり着いた久しぶりの休日、家で寝てたいけど、田舎で楽しく歌って呑むのもいいかなぁと参加。

f:id:Mt77K626:20171109054150j:image

と言いつつ仕事もしっかりと(笑)

タウハのクリスマスオラトリオで歌ってくれる人探し。

タウハはよく歌えるけれど、とにかく人数が少ないので、助っ人が必要なんです。

スカウトの甲斐もあって、だいぶ集まりました。

宿泊先は元々お城だったところで、廊下と階段がガタピシ迷路(笑)

f:id:Mt77K626:20171109054407j:image

そして外はのどかな田園風景。

f:id:Mt77K626:20171109054446j:image

お昼休みにみんなとお散歩。

f:id:Mt77K626:20171109054519j:image

年齢はまちまち。でも楽しく合唱に集うというのは世界どこでも変わらないわけで。

f:id:Mt77K626:20171109054706j:image

久しぶりに現れた私を大歓迎してくれた、優しくてかわいくてあたたかいライプツィヒの姉さんたち。

音楽が繋げてくれる出会いに感謝です!

f:id:Mt77K626:20171109054838j:image

 

 

 

 

folg mir