Lass uns an die Tür klopfen?

とある教会音楽家の徒然日記

Lass uns an die Tür klopfen!

その扉をたたいてみよう!
ライプツィヒに住む教会音楽家の日々を綴っています
扉をたたく?
教会音楽ってなぁに?
ライプツィヒ、どんな街?

空の青と本当の気持ち

今日は気づけばほぼ12時間労働。

午前中は衣装決め。

引き受けてくれた手芸クラブのエンジンがかかるのが本当に遅くて冷や汗ものだったけれど、どうにか全員分まかなえたのでよかったなと思ったら、私の分まで子供達にとられてしまっていた…。
しかたない、作るか…。

午後は休みなく会議。31日の流れについて、役割分担や場所割りなどを話し合う。
が、ここでもTo doリストなどは一切なし。思いついたことを延々と。
仕事を始めてみて思うことは二つ。
なぜこうもギリギリに始めて、どうにか間に合ったらすべて良しと言えるのか。
そして時は金なりって考えは通用しないのか。
どこかで妥協点を見つけたい…。

やっとお昼をお四時に食べ、事務作業を片付け、やっとやっと手に入れた音楽の時間。
しかし間に合うはずもなく、合唱の稽古は人生史上なんともはやな結果。
短時間でもパッと準備できなきゃ、この仕事はつとまらない。。。
どうにもならぬモヤモヤを抱えつつ路面電車までダッシュ。
BGMは空の青と本当の気持ち。
急な冷え込み、一日中曇天、いろんなことに追われ…。
まさに今の気持ち。

空を自由に 飛びたい

folg mir