Lass uns an die Tür klopfen?

kleine Tagesbuch aus Leipzig.

Lass uns an die Tür klopfen!

その扉をたたいてみよう!
ライプツィヒでの教会音楽留学の日々を綴っています
扉をたたく?
教会音楽ってなぁに?
ライプツィヒ、どんな街?

仲間オケ 徳島公演

6月といえば梅雨?いや、株主総会?
いいえ、ドイツの6月といえば期末も期末、学年末。
連日嵐のごとく試験試験のオンパレード。
しかし大切な演奏会があったので先週土曜に帰ってきました。

2005年以来お世話になっているコバケンとその仲間たちオーケストラの徳島公演のため、ライプツィヒからフランクフルト経由で羽田、その足で徳島までひとっとび。
遅延がなくて本当に助かりました。
土曜日のリハーサルには間に合わず、夕食会からの参加(食い意地…)
ひさしぶりに仲間に会い、リハーサルでの合唱の様子を聞きだしつつも、寝ぼけながら食べる(笑)
実に私らしい…。

今回の合唱は、私、そして学生の都合がなかなか合わず、徳島文理大学&徳島大学、そして徳島北高校とバラバラに練習会を行ったため、人数はわかったけれど音色、バランスが未知数。
しかも、当日は市内で合唱祭が並行していたため、本当にメンバーが揃って声を出したのは、実は本番直前の1時間のみでした。
しかし1か月でそれぞれがしっかり練習し暗譜してくれたおかげで、ラスト一時間の成長がスゴイ!
お互いにいい緊張感と集中力を保てたと思います。
本番はオーケストラの後ろ二階、いわゆるP席だったので、オーケストラの音は下から上がってくるし、指揮者は見降ろさなきゃいけないしで、どうしても姿勢が悪くなりがちな場所でしたが、常に一つの集合体として集中を保ち、丁寧に歌うことができたと思います。
f:id:Mt77K626:20170628023101j:image
出番の後はみんなで集合写真!
もう二度と同じメンバーで歌うことはできないのが本当に残念です。
プロジェクトアンサンブルの悲しいところですね…。
でもきっと、これからもそれぞれが歌い続けていくと思うので、きっとどこかでまた会えるはず!
また一緒に歌いましょう!
本当に素敵な機会をいただけたこと、そしていろんな方の支えがあってこんな素晴らしい仲間と出会い、一緒に歌えたことにただただ感謝です。

folg mir