読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Lass uns an die Tür klopfen?

kleine Tagesbuch aus Leipzig.

Lass uns an die Tür klopfen!

その扉をたたいてみよう!
ライプツィヒでの教会音楽留学の日々を綴っています
扉をたたく?
教会音楽ってなぁに?
ライプツィヒ、どんな街?

オルガンアカデミー

実習から帰ってからは大洗濯と雑用もろもろを片付けて、今週月曜日からオルガンアカデミーのためにニーダーラウジッツに来ています。

ベルリンから南に車で1時間ほど、歴史的なオルガンが数多く残っている地域で、それぞれの楽器に合った作品のレッスンを受けています。

講師はライプツィヒのシュメーディング教授、ポーランドのカミンスキー教授、フライブルクからはマイヤーホーファー教授。

受講生は全員各教授の生徒たち。

f:id:Mt77K626:20160923063033j:image

毎日違う楽器で、違う教授にレッスンしていただき、各教授のグループはレッスンチームと練習チームに分かれ、ヒマな時間は無し、先生はアッシー君も兼任するという、なんとも贅沢な日々です。

f:id:Mt77K626:20160923060306j:image

旧東ドイツは、教会に関わる人が激減し、多くのオルガンは放置されていましたが、ここ数十年の修繕運動により、後期バロック、そしてロマン派の重要なオルガンが復活しています。

f:id:Mt77K626:20160923061025j:image

期間中は計6台のオルガンと出会いました。

すべての楽器が異なる特徴を持ち、音色、発音、風、フレーズについて、楽器がまるで先生のように、たくさんのことを教えてくれます。

f:id:Mt77K626:20160923061909j:image

三日間のコースを終え、明日は4時間にわたる修了演奏会。

堅苦しいものでなく、一つの楽器でいろんなことを試し、レパートリーの可能性をお客様に知っていただくのが目的です。

聴衆、そして楽器保全の協力を得ることも音楽家の大切な仕事です。

15人が10分ずつ弾き、合間に何回か休憩が入るとか。

軽食とワインが用意されて、みんないい気分で弾けるようです。

本番楽器はまさかの一段鍵盤。

普段は複数鍵盤のレパートリーを多く勉強しているので、いきなり一段と言われてみんな焦ってます。

レパートリーも限られますが、工夫次第で弾けるようになるのもオルガンの面白いところ。

明日が楽しみです。

f:id:Mt77K626:20160923062753j:image

オマケ。友人に捕獲されました。

folg mir