読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Lass uns an die Tür klopfen?

kleine Tagesbuch aus Leipzig.

Lass uns an die Tür klopfen!

その扉をたたいてみよう!
ライプツィヒでの教会音楽留学の日々を綴っています
扉をたたく?
教会音楽ってなぁに?
ライプツィヒ、どんな街?

一週間経過

実習先に来て一週間。

カントールの仕事を見学しては新たな発見ばかり。

実習先の教会では、児童、少年少女、教会、ゴスペルの各合唱団と金管アンサンブルすべてを1人のカントールが受け持っています。

私の知る限りではかなり珍しいパターン。

日曜のほか、老人ホームや学校のための礼拝、プラス運営のための事務仕事と多岐に渡ります。

事務仕事は学校では学べないからみんな手探りで大変だよ、とのこと。

まあそこは私は心配ないんです。

大学で毎学期20本近くの期末レポートを書いた忍耐力、そしてオケの事務所バイトで培った事務処理力がありますから。

年の功というか、経験値の為せる技(笑)

あとは語学力しだい…。

今一番の不安は、現場で求められている事と音大で学ぶことの距離感。

足らない事ばかりが見えてくる。

足らない物の量と奥深さとに途方にくれそうですが、今知ることができてよかった!と思いたい。

f:id:Mt77K626:20160902185602j:image

空き時間は教会で練習させていただいてます。

ホームステイもなかなか刺激的な体験です。

時間の流れ方がまるで違う。

この事はまた今度書こうと思います。

 

folg mir