Lass uns an die Tür klopfen?

kleine Tagesbuch aus Leipzig.

Lass uns an die Tür klopfen!

その扉をたたいてみよう!
ライプツィヒでの教会音楽留学の日々を綴っています
扉をたたく?
教会音楽ってなぁに?
ライプツィヒ、どんな街?

寒い!

一昨日からマタイ受難曲の練習に参加しています。

昨日はオケ、ソリスト、児童合唱全部が揃っての練習。
ソリストの鉄壁ぶりは言わずもがな。
児童合唱はトーマス教会合唱団の準備クラス。ここには女の子も入れます。
合唱団本体は女人禁制なので、きっと卒業したらゲヴァントハウスやMDRの児童合唱団で合唱を続けるのでしょう。
そしてオケ。
知った顔がちらほらいる中一番びっくりしたのが、ど真ん中のオルガン通奏低音。
去年まで習ってた先生(笑)
彼女の通奏は本当におしゃれなんです。
華美贅沢は一切ないのに、ソリストを引き立てアンサンブルを前進させる。
運良く彼女の手元が見える立ち位置で、ソロの間はずっと釘付けです(笑)
 
しかし寒い!
昼間から雪が降って、気温はマイナス。
前日の練習は暖かかったので大丈夫かなと思いきや、練習の最後はコート着てても寒い!
心配なのは合唱団の体調。
東京からの長旅、長時間の稽古。
観光しても雪だし寒いし。
旅で気を張っているのも相当なストレスでしょう。
本番に全員が一番いいコンディションでのぞめますように。

f:id:Mt77K626:20160301163610j:image
↑マタイあるある?別のパートを歌わないように、大きい付箋が大活躍(笑)
 

folg mir