読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Lass uns an die Tür klopfen?

kleine Tagesbuch aus Leipzig.

Lass uns an die Tür klopfen!

その扉をたたいてみよう!
ライプツィヒでの教会音楽留学の日々を綴っています
扉をたたく?
教会音楽ってなぁに?
ライプツィヒ、どんな街?

合唱

合唱指揮セミナー

オルガンの試演会の合間にあったいろいろの一つは、トーマスカントールシュヴァルツ教授によるシュッツセミナー。 シュヴァルツ先生は去年新たに着任されたトーマス教会のカントール。 短時間の中で音楽についてはもちろんですが、いろんなことに気づかされ…

遅ればせながら

メリークリスマス🎄でした! この記事を書き始めたのは26日の夜。しかし、自分自身に最高のクリスマスプレゼントをしてしまいました。風邪です…。今年中は歌う必要がないのが幸いですが、喉と鼻がやられてしまい、息をするのも億劫な現在29日。もともと一回の…

焼石になんとやら

クリスマスを控え、せわしない今週。今年は3か所で奏楽をさせていただきます。そのうちの一つはカトリック教会。24日の22時から行われるミサで、合唱指揮とオルガン奏楽です。合唱団は12人というコンパクトな、でもみんなとても仲のよいメンバー。最近は活動…

歌いたい人の集まりのチカラ

コバケンとその仲間たちオーケストラの多賀城公演でのもう一つの任務は合唱指導でした。 私のドイツでの専攻は教会音楽。 オルガンを弾くのも合唱を指揮するのも歌うのも、教会音楽家の仕事の範囲です。 ただ、今回は少し勝手が違う。 メンバーが複数団体か…

合唱練習の

休み時間に見えた空。週末の礼拝のためにモーツァルトやってますが、音の跳躍が激しいので、もはやヨーデル習った方がよいのでは?と思っています。ソロより合唱の方が難しい、絶対。

バッハ音楽祭

今年もバッハ音楽祭がやってきます。毎年参加してはいるのですが、学校の合唱の本番だったので無自覚に近い参加ばかり。そして6月は試験期間直前なので、演奏会を聞きに行くどころではないのが正直なところ……。くぅ。今年は来たる日曜日11時にカトリック教会…

イースター

Frohe Ostern!! ゼメスターが始まってからはドタバタ、先々週の木曜と金曜日は友人の合唱指揮卒業試験プロジェクト演奏会、そして土曜日には聖ニコライ教会のヨハネ受難曲、一昨日聖金曜日はリスト作曲「十字架の道行き」の合唱演奏会でオルガンを弾かせてい…

寒い!

一昨日からマタイ受難曲の練習に参加しています。 昨日はオケ、ソリスト、児童合唱全部が揃っての練習。 ソリストの鉄壁ぶりは言わずもがな。 児童合唱はトーマス教会合唱団の準備クラス。ここには女の子も入れます。 合唱団本体は女人禁制なので、きっと卒…

5度目のメンデルスゾーン『エリヤ』

連日の雨と曇天ですっかりふさぎがちだったのですが、週末はよく晴れました in ハンブルク。快晴の市庁舎をぱちり。 月末にあるメンデルスゾーン『エリヤ』の集中練習に参加してきました。 オルガンの元師匠が音楽監督をつとめるミヒェルの合唱団は振り分け…

evensong

先週から練習しているプロジェクトアンサンブルの本番がいよいよ明日。 カトリック教会の新しいオルガンのお披露目週間のコンサートで、イギリス国教会で行われているEvensong形式です。 全曲英語、みんなで発音どっち?とあーだこーだ言ってます。 人が足ら…

原点?

帰ってきてから2回ほど、明治学院バッハアカデミー合唱団の練習にお邪魔しました。 私の母校であり、バッハを初めて歌った場所でもあります。 白金校舎の記念館が練習場所。 初めて歌ったバッハは、忘れもしない、ロ短調ミサ曲(笑) あの頃は信仰心ゼロ、何…

ICAK 2015 その2 

10日間の合唱アカデミー、10日間も何をするの? とにかく歌うんです。朝8時から夜9時まで(笑)途中休憩がもちろんありますが、発声練習、全体練習、合唱指揮、合唱で歌うための聴音、4つのグループに分かれた合唱の練習と、プログラムが豊富です。 170人の参…

ICAK 2015 その1

ご無沙汰しています。7月末までの春学期に予定されていたすべての中間試験をこなして、いよいよ夏休み。去年から参加しているInternational Chorakademie in Kremsに今年も参加してきました。 オーストリアのドナウ川沿いにあるクレムスという町で10日間行わ…

folg mir