Lass uns an die Tür klopfen?

とある教会音楽家の徒然日記

Lass uns an die Tür klopfen!

その扉をたたいてみよう!
ライプツィヒに住む教会音楽家の日々を綴っています
扉をたたく?
教会音楽ってなぁに?
ライプツィヒ、どんな街?

教会の塔を攻略せよ! その2

塔の二階にあたる場所には、塔の顔ともいえる時計のからくりがあります。
f:id:Mt77K626:20180609184349j:image

たくさんの歯車と鎖、おもり、振り子が組み合わさって、時を告げる仕組みになっています。

教会から聞こえる鐘には二つの音色があり、1つは15分刻み、もう1つは時報になっており、からくりの端にある2つのアームが、上の階にある鐘につながっています。

15分刻み?どうやって?と思われるかもしれませんが、聞き分け方はいたってシンプルです。
1回ゴーン…15分
2回ゴーンゴーン…30分
3回ゴーンゴーンゴーン…45分
4回ゴーンゴーンゴーンゴーン…60分
そして60分の後に、時報が鳴り始めます。
これで塔が見えなくても、お家に時計がなくても時間がわかるのです。

さて、塔の時計はよく狂います。週に2分くらいずれるのはかわいいもの。
振り子の分銅の位置が狂うと1日で5分遅れなんてザラ。
鎖のオイル量が変わるだけでも進み具合は変わるし、冬もマイナス10度近くになると金属が寒さで縮むため、どんどん早くなりました。


Uhrwerk

奥で揺れている振り子と連動する歯車。
一つおかしくなると全部狂いだします。
歯車が狂う、とはまさにこれ。

 

f:id:Mt77K626:20180609171606j:image
早く進んだ分には、振り子を止めて正しい時間に再開すればいいのですが、問題は遅れた場合。
上の写真の左側の歯車を回して調整するのですが、大きな時計の長針短針と直結しており、その重さはダイレクトにここにかかっています。
つまり、針の位置によっては非情に重い…。

手前に見える金属の羽板は、巻き戻りのスピードを空気抵抗で調節するためについているのだそうです。
ここで空気抵抗を利用する、原始的というか、先人の知恵にただただ恐れ入りました、という思いがします。

それでは、6時をお知らせいただきましょう。 


Glocke

folg mir