Lass uns an die Tür klopfen?

とある教会音楽家の徒然日記

Lass uns an die Tür klopfen!

その扉をたたいてみよう!
ライプツィヒに住む教会音楽家の日々を綴っています
扉をたたく?
教会音楽ってなぁに?
ライプツィヒ、どんな街?

ひさしぶりの

昨日はとある合唱団の練習の代打でした。
音大の同級生が持っている合唱団で、今回引き受けたのは三回目。
休暇の時期になると突如依頼されます(笑)

毎度、ガッツリしたプログラムから好きなもの練習していいよ~とラフに丸投げされ、進捗状況は一切不明なのがちょっと残念なのですが、私としてもいろいろがんばりたいところ。

なぜって、ひさしぶりだらけですから。
大学生主体の団体なので、声が若い。
教会所属団体ではないので、世俗曲ばかり。
人数が多いから混声6部でも各声部のボリュームに余裕がある…。

教会の聖歌隊は様々ありますが、30人いたら充実している方。
タウハは登録上40人ですが、実質は15人くらいなのです。
なんでも昔は大きかったそうですが、昔のカントールが本隊と精鋭部隊にわけてしまって反発が起きたり、高齢化により引退されたりとごっそり抜けてしまったとか…。
クオリティ、レパートリー、合唱指揮者にはいろんな考え方がありますが、人数が減るというのはいただけない話…。

さてさて、今回の練習曲はブラームスの6声作品、”Vineta”。
まったく手つかずだったようで、音取りに終始したけれど、やっぱり宗教曲とは違うニュアンスにわくわく。
いつか自分で最初から最後まで作ってみたい作品です。

www.youtube.com

folg mir